FC2ブログ
『百錬の覇王と聖約の戦乙女 ドラマCD』 応援バナーキャンペーン

2019-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書きたいシーンの盛り上げ方 - 2012.10.17 Wed

さて、第7回HJ文庫大賞の締め切りまであと2週間と迫って来ました。
というわけで僭越ながらちびっと。
「盛り上がるシーン」の作り方、なんかを徒然に書いて行きたいと思います。
あくまで鷹山個人の考えなんで取捨選択してください。


いわゆる「盛り上がるシーン」というのは、実のところ、そのシーンそのものの出来ももちろん重要ではあるのですが、個人的にはそれよりもはるかに「事前準備」が大事であると個人的には考えております。
事前準備なしに感動シーンをやったところで何も心に響きません。


わかりやすいところで言うと、ほぼ毎年のようにやっている、懐かしのアニメ感動シーンです。
見てないアニメの感動シーンを流されても、ぜんぜん心が動かなくありませんか? 某弟が死んでるあれとか。
あれは結局のところ、それまでに
「弟→幼馴染の女の子→兄」
「女の子のために夢をがんばる弟」
「弟に遠慮する兄」
「いろいろあって弟と女の子をめぐって争う覚悟を決める兄」
などなどいろいろな事前準備を踏んでいるから、あのシーンの理不尽さとか兄や女の子の想いが読者の胸を打つわけです。


これを創作に落とし込みますと、自分の書きたいシーン、クライマックス。そういうシーンに対して、じゃあどんな事前エピソードがあればその書きたいシーンが盛り上がるか、というふうに考えれば、いろいろ見えてくるものもあるかもしれません。


仮に、昔仲の良かった親友がクライマックスで敵同士となり激しい死闘を演じる、というストーリーを例にします。
まあ、narutoにコードギアス、ガンダムシードと、多くの創作物に使われている王道の流れです。
これをクライマックス直前に、「お、おまえは子供の時一緒に遊んだ・・・」とか紹介されても燃えないわけです。読者はそのキャラに思い入れできないのです。
幼少の思い出を描き、大きくなってからの親友として仲の良さを描き、頼ったり頼られたりの信頼関係を描き、お互いを想い合っているのに少しずつ道を違えていく二人。
こういう様々なエピソードでその時々の「キャラの想い」を読者に伝えていくことが、「別離シーン」や「敵としての再会シーン」や「最終決戦」なんかを燃え上がらせる燃料になるわけです。


このあたりが、いわゆる先達の先生方のいう「物語に奉仕する」というものじゃないかな、と個人的には思います。要は、書きたいシーンに対して、奉仕するシーンを積み上げてくイメージですかね。そういう奉仕シーンが丁寧に積み上げられているかどうかがクライマックスの出来を決める、と言っても過言ではない気がします


・・・まあ、ここまで書いておいて「じゃあお前それができているのかよ」と言われれば、まだまだ精進中なんですけどねorz



関連記事

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://delfin000.blog84.fc2.com/tb.php/173-38190bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【書きたいシーンの盛り】

さて、第7回HJ文庫大賞の締め切りまであと2週間と迫って来ました。というわけで僭越ながらちびっと。「

オレと彼女の絶対領域《パンドラボックス》6 amazonにて予約開始です! «  | BLOG TOP |  » 第6巻

Plofile

鷹山誠一

Author:鷹山誠一
HJ文庫様に拾ってもらった
石川県在住の駆け出しラノベ作家。
作風は燃え萌えを信条としております。

twitter
delfin_000/

既刊紹介

公式LINK


HJ文庫公式HP


HJ文庫特設ページ

HJ文庫特設ページ


絶対領域コミカライズ版掲載

広島ものづくりジム

Link

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。